上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ人の40%がマリファナ合法化を推奨、アメリカでのマリファナに対する考えとは - GIGAZINE


アメリカでマリファナに関してアンケートしたところ40%近く「マリファナを合法化すべきである」と答えて人がいたそうです。マリファナは麻薬に分類され人体に悪影響を及ぼすものですが、一方マリファナはタバコやアルコールに比べて人体へ悪影響を与えないと主張する人もおり、まだまだ研究が必要そうです。

また、経済面でもマリファナを合法化すべきでないかという考え方もあるようで、今後人体への影響と経済効果を考えた議論が行われていきそうです。

詳細は以下より。


Rasmussen Reports?: The Most Comprehensive Public Opinion Site.

アメリカで「マリファナは合法化されるべきか」という質問を電話アンケートしたところ、40%の人々が「合法化すべき」と回答し、46%の人々は「合法化すべきでない」と回答したそうです。「どちらがいいか分からない」と回答した人は14%いたとのこと。

男女別に見てみると、男性のマリファナ合法化推奨派は約50%、女性は約40%で、女性より男性にマリファナ合法化を望んでいる人が多いことも分かったそうです。特に40歳以下の人々の方がマリファナの合法化を支持する人が多かった事も明らかになったとのとのこと。また、WHOによるとアメリカ人の42%がマリファナを吸った経験があると見積もられており、これは調査した17ヶ国の中では最も高い数値になっているそうです。

科学者の中には「アメリカで最も利益を得る作物はマリファナである」と主張している人もおり、経済学者ミルトン・フリードマンを含む3人の科学者は「マリファナを合法化することによって毎年77億ドル(約7200億円)節約することができ、少なくとも24億ドル(約2200億円)の税収を得ることができる」と主張しているとのこと。また、マリファナがアルコール・タバコと同じように課税された場合、毎年62億ドル(約5800億円)の税収を得られると予想されているとのこと。

アメリカ国内ではマリファナの人体への影響や経済効果などに関して議論されているようですが、今後マリファナが合法化されるかどうか更に深い議論がされると考えられます。

で、

尚、ランキンタクシーのマリファナ音頭は店頭販売していません


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://jahumming.blog59.fc2.com/tb.php/554-f2ffedfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。